針路は「安心・便利・おトク・楽しい」カーライフ調査団

Vol.001【車両調達編】「クルマの見積」は、おトクへの道筋がくっきりと描かれた「宝の地図」である。

2012/09/27 update

クルマをお得に買いたいならば、その見積が「宝の地図」に見えるくらいでなければならない。
それはすなわち、「クルマの見積」にはお値引きのヒントという宝が隠されているということ。
見積の構成要素を把握し、それぞれについた価格を吟味できれば、お値引きを勝ち取ることができるはずだ。
「車両価格」「諸費用」「オプション費用」など、見積の至る所におトクへの足がかりは隠れている。
本文をしっかり読んで学んでいただきたい。

解説

憧れだったあのクルマ。前から欲しいと思っていたクルマ。ずっと乗り継いできているクルマ。
ひとくちに新車購入といっても、いろいろな思いがそのクルマには詰まっていると思います。お金だってかかります。そう、お金。好きなクルマを少しでもおトクに買いたい、というのは多くの人が思うところ。
さて記念すべき『カーライフ調査団』の第1回は「新車購入時にはどんな費用がかかるのか? どうすればおトクに買えるのか?」をテーマに調査してきました。
店頭やチラシで見た価格と、見積書の価格が大きく違う! とビックリした経験のある方、そんなアナタにじっくり読んで頂きたいと思います。コスモ石油・販売部の長野さんが解説してくれましたよ。

新車を買うときに知っておきたいこととは?

「新車を購入する際にかかる費用は大きく分けて、
(1)車両本体の価格、(2)諸費用(法定費用・法定外費用)、(3)オプション費用の3つがあります」
それぞれ簡単に説明しておくと、
(1)車両本体の価格
(2)諸費用:法定費用(自動車税や自動車重量税など)や、法定外費用(検査登録の代行費や車庫証明手続き費用など)
(3)オプション費用:フロアマットやサイドバイザーなどの付属品にかかる費用
という感じになります。
それぞれの費用をきちんと把握することは、新車をおトクに購入する上で非常に大切だそうです。新車の販売価格を構成する要素を知っておけば、効果的な値引き交渉が行えるということなんですね。

法定費用と法定外費用に注目しよう

「特に注目してほしいのは、(2)の諸費用の部分です。ここは、法定費用と法定外費用に分けられます。法定費用とは法律で金額が決められている費用の事で、具体的には、法定費用の記述がある項目もしくは税金、自賠責保険が該当します。
一方の法定外費用とは、登録代行費用や車庫証明手続きの代行費用など、販売店に払う手数料のことを指しています。」

つまり、法定外費用の額を決めるのは販売店ということですね。

「そうですね。その算出根拠もあってないようなものですし、価格交渉ができる部分だと思います。たとえば、車庫証明の発行は自分でも手続きすることが可能ですから、販売店に代行してもらわなければ、その分の費用はかからなくて済みます」

もちろん、自分で手続きをしないまでも、この法定外費用に注目して値引きの交渉をしてみるのは大いにアリのようです。

複数の販売店の値引き額を比較するのもOK

おトクに新車を購入するために攻めるべき本丸は「車両価格」そのもの。まあ、当然ですよね。長野さんによれば、値引きの限度というのは販売店によって決まっているそう。だから「複数の販売店で見積を出してもらい、それらを比較してもいいでしょう」とのこと。いわゆる相見積ってやつですね。たしかに、近くの販売店で買わなければならないというルールがあるわけではないですし。これは試してみる価値がありそうです。

オプション費用の値引き交渉も忘れずに

新車の価格を構成する要素に「オプション費用」というものもありました。付属品などを指す費用ですが、こちらに関しても、車両価格とは別に販売店は値引きの限度を設定しているそうです。

車両価格、諸費用、オプション費用のそれぞれに目を通すこと、どの部分が値引きの対象になるのかを把握しておくこと。新車の価格というと、まとめて見てしまいがちですが、それは間違い。見積書をじっくりと読んで価格交渉をしていくというのが新車をおトクに購入するための第一歩といえるでしょう。

ー本日のまとめー 新車をおトクに購入するためには、価格を構成する要素1つ1つをしっかり把握しようぜ。

この記事を情報提供してくれた方はこの人!

コスモ石油マーケティング株式会社 販売部 商品開発グループ 長野さん

コスモ石油マーケティング株式会社 販売部 商品開発グループ
長野さん

「知られていないかも知れませんが、コスモ石油では個人向けカーリース「コスモスマートビークル」を既に2,000台以上販売しています。
リースでは新車ディーラーさまより、品質の確かな車両を納得の価格で調達することも重要な業務の一つです。
今回はそのノウハウからすぐに実践できるポイントをご紹介させていただきました。」

コスモ石油の個人向けカーリース「コスモスマートビークル」なら、面倒な価格交渉もコスモ石油がディーラーと実施し、メンテナンスも含め最適なプランを提案致します!
詳しいご紹介はこちら↓
http://com.cosmo-oil.co.jp/bcle/indexl.html

バックナンバー

カーライフ調査団TOPへ
ページの先頭へ