針路は「安心・便利・おトク・楽しい」カーライフ調査団

Vol.005【車検編】カゼをひいた時も、車検の時も、いつもの身近な存在が、もっとも便利で頼もしい。

2012/12/10 update

かかりつけ医をお持ちだろうか? ちょっと風邪を引いてしまった時、どこか体調が思わしくない時、気軽にかかることのできる近所の医院のこと。大きな病院のように診察に何時間も待たされることもなければ、会計までのやりとりだってシンプル。とても便利な存在だ。
さて、クルマにとってのかかりつけ医は、近所のサービスステーションということに異論はあるまい。給油や洗車、簡単なメンテナンスなど、クルマのことを何でも知っていてくれる便利な存在である。もしこのかかりつけ医で、総合病院でするような人間ドックが受けられたなら? という話、クルマの場合は現実だ。そう、今回のテーマは「サービスステーションで車検を受けよう」である。

解説

カーライフ調査団の第5回となりました。
今回も、カーライフに関する情報をわかりやすくお伝えしていきますので、最後までお付き合いください。

クルマを持っていると、普段の給油やオイル交換などのメンテナンス、タイヤのチェックなど、日々いろいろなことで愛車と向き合っていかなければなりませんよね? そのなかでも、今回取り上げるテーマ「車検」は、カーライフにおける大きなイベントの一つといっても過言ではないでしょう。お金はかかるし、ちょっとの期間クルマを預けなければならないし…。正直面倒くさいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな車検を、便利でスムーズでおトクに乗り切るにはどんな方法があるのか?
じっくり解説して参ります。

新車は3年ごと、それ以外は2年ごと

「そもそも車検というのはなぜ受けなければいけないの?」
「道路運送車両法という法律で決められているから」という答えはさすがに乱暴すぎるのでちょっと解説。

車検とは「自動車検査登録制度」のことで、車検を受けていない自動車は運行してはいけないと決められています。一般的な自家用車(軽自動車も含む)の場合、新車購入からは3年後、それ以降の場合は2年ごとに車検を受けなければなりません。検査の時期は車検証やフロントガラスに貼られたステッカーで確認できます。車検では、エンジンやライト、スピードメーターなど様々な箇所が検査され、それらをクリアすると車検証が発行されるというわけです。

ところで車検って、どこで受けていますか?

この質問には「いつも、クルマを買ったところに預けているよ」と答える人も多いのではないでしょうか? 新車でも中古車でも、車検の時期になるとディーラー(販売店)からお知らせが届いて、それに従ってクルマを車検に出すというパターン。クルマを買ったところという親近感もあるし、新車であればそのメーカーに預けるのが一番いいだろう、と考えるのも当然です。

でもホンネは…、「数日間クルマを預けなければならないし、お金だってかなりかかるし…、車検ってもっと便利に済ませられないの?」とお考えでは?

実は、済ませられます。この辺のお話を、コスモ石油販売の山畑さんと松本さんが詳しく教えてくれました。

車検はディーラー以外でも受けられます

「車検はディーラーという方も多いかもしれませんが、コスモ石油のサービスステーションには国土交通省認定の資格を持った整備工場併設の店舗がいくつもあります。「指定自動車・・・」の看板がありますので、確認してみてください。この鶴ヶ島サービスステーションもそのひとつです」(山畑さん)

そう、お近くのサービスステーションでも、ディーラーの整備工場と同等の車検を受けることができるのです。

「ここでは年間1200〜1300台くらいの車検を通しています。ディーラーさんなどに比べて早くて安いというのが支持されている理由でしょうね。予約をしてもらえれば、9割がた日帰りで対応することが可能です。例えば、9時に入庫してもらってお返しが13時という感じでしょうか。その間はサービスステーションで待っている方もいれば、無料貸し出しの自転車に乗って近所に買い物に行かれる方もいるんですよ」(松本さん)

車検の代車はありますが、代チャリとは…。良いサービスですね。
見積といえば…、車検ってお金がかかるイメージがあるのですが…。

知っておいてほしいのは法定費用のこと

「車検はお金がかかるというイメージがあると思いますが、車検費用は検査・整備の基本料、部品料、法定費用などで構成されていて、そのうちの法定費用が結構な金額になってしまうんです」(松本さん)

法定費用とは「自賠責保険料」「自動車重量税」「リサイクル預託金」などのこと。この部分の金額はどこで車検を受けても変わりません。少しでもおトクに車検を済ませたい場合は、見積のなかの「検査・整備の基本料」に注目するといいでしょう。

「車検を受けてもらう際には、見積をお見せして、整備箇所等を納得してもらった上で受けてもらうようにしています。もちろん、希望される方には点検時の立ち会いもしていただいています。また、車検時には見送った整備に関しても、未整備記録として残してありますので、車検だけではなく、日常の点検もこちらで受けていただくのがベストですね」

日常の点検やメンテナンスを近くのサービスステーションで受けている人は多いはず。そんなサービスステーションで車検も受けられるのなら、それはとても便利なことですね。
これは、遠くの総合病院ではなく、近所のかかりつけ医のところで、普段の検診だけでなく人間ドックも受けられるようなもの。しかも、お安く早く。

サービスステーションでの車検、一度検討してみてはいかがでしょうか?

ー本日のまとめー サービスステーションで車検が受けられるなんて、しかも安く、早く。これは便利な話だぜ。

この記事を情報提供してくれた方はこの人!

コスモ石油販売株式会社埼玉カンパニーセルフ&カーケアステーション鶴ヶ島山畑貴行 店長 コスモ石油販売株式会社埼玉カンパニー鶴ヶ島整備工場松本正明 工場長

コスモ石油販売株式会社
埼玉カンパニーセルフ&カーケアステーション鶴ヶ島
山畑貴行 店長(写真左)

コスモ石油販売株式会社
埼玉カンパニー鶴ヶ島整備工場
松本正明 工場長(写真右)

車検なら指定工場もあるコスモ石油のサービスステーションへ!
埼玉・宇都宮エリアでの年間車検は7000台の実績です。
コスモ車検が人気の10の理由を公開中!

↓詳しいご紹介はこちら
http://www.cosmo-saitama.com/

バックナンバー

カーライフ調査団TOPへ
ページの先頭へ