針路は「安心・便利・おトク・楽しい」カーライフ調査団

Vol.009【SSでクルマを買えるだなんて!編】身近な場所から、仲間と一緒に、広い世界を見渡そう。あなたにピッタリの宝物がきっと見つかるはずだから

2013/3/25 update

“未来へのトビラを開こう”といったJ-POPの歌詞を口ずさんでいるわけではない。若者の夢の話であり、我々のクルマの話だ。夢探しは、若者の特権だ。仲間とともに世界を見つめ、思いを馳せる。オトナはどうだ? 狭い世界に閉じ込められていないか? クルマはどうだ? 諦めていないか? 妥協していないか? クルマ探しに仲間がいれば、手に入れられるクルマの幅や可能性はより広がる、という話をお届けする。いまや、クルマはサービスステーション(SS)のスタッフとともに買う時代なのである。

解説

出会いと別れの春。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
こんにちは、カーライフ調査団です。会社や学校などでの出会いと別れ、まさに日本の春という感じですね。

さて、今回と次回は、クルマの出会いと別れについてご報告いたします。クルマとの出会いとは、すなわち車両の購入(いや、それだけではないんですがね…)。別れといえば、車両の売却。

なんだ、買ったり売ったりの話か、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回取り上げるのは、それが「サービスステーション(SS)でできる」というお話です。そこには意外なメリットがあるんですね。

そんなわけで、今回はまず「SSでクルマを買う」をレポートします。詳しい話は、コスモ石油販売株式会社 北関東カンパニーのSS部 蟻川秀明さんとセルフ玉村店長 塚澤昭人さんに伺いました。

新車も、中古車も! SSでクルマが買えるなんて!

新車だったらディーラー、中古車だったら中古車販売店。クルマを買うところといえば、普通はこの組み合わせですよね。でも、冒頭にお伝えした通り、近所のSSでもクルマを買うことができるんです(※)。しかも新車も中古車も。

「SSにクルマなんて置いていないじゃないか」

このように思った方がほとんどだと思います。売るためのクルマが置いていないのに、どうやってクルマを売っているの? SSでの車両販売の仕組みを少し解説しましょう。

※車両販売を行っていないSSもあります。

新車はカタログで、中古車はオークションのデータで

新車販売の場合、SSは新車販売の仲介する役割を果たします。幅広いメーカーの自動車カタログをSSに備え、場合によってはスタッフがアドバイスしてくれるそうです。

「クルマは買いたいけど、車種が決まらない…」
「複数のメーカーの車種から選びたいけど、いろんなディーラーを周るのは面倒…」
「ディーラーだと、買わなきゃいけないというプレッシャーを感じる…」
といった方々には、SSでのんびり新車選びというのも良いかもしれませんね。

塚澤さん曰く「お客様には、悩む時間を持っていただくようにしています」とのこと。せっかくの1台ですから、じっくりと時間をかけて選びたいですよね。

さて、SSでの車両販売は、新車よりも中古車の方がメインになっているとのこと。
「SSはカーライフにはかかせない拠点。日常生活、週末のお出かけのときにも必ずSSを経由してくださいます。ですからSSにいらっしゃるお客様の車や家族構成、メンテナンス状況をみると、お客様に適した車や買い替えをオススメするタイミングがわかるんです。給油に来てくださったきっかけで車の買い替えを検討いただき、もうその月のうちに即決してしまうお客様も結構多いんですよ」(塚澤さん)

なるほど、クルマの状態や乗り方を見て、買い替えのタイミングまでピタリとアドバイスをしてくれるわけですね。 では車はどうやって選んでいるのでしょう?一般の中古車販売店というと、店頭にズラーッと中古車が並び、その中から気に入った車種やお目当ての車種を選んでいく、という買い方が普通なのかなとも思いますが…。

「ウチでは、インターネット上の中古車オークションの画面を見ながら、クルマを選んでもらっています。やはりオークションであれば在庫が豊富ですし、何より安く仕入れられますからね。」(塚澤さん)

そう、コスモ石油のSSでは、店頭には実車を置かずに中古車の販売をしているのです。ちなみに、このオークションは一般の人は参加できない、中古車販売業者だけが参加できるもの。

実際のクルマを見ずに、クルマを買うだなんて、正直不安なんですが…。

各地のスタッフが、念入りにクルマをチェック

SSでの中古車購入はどういった順序で進むのでしょうか?

「まずは、愛車探しカードというアンケート用紙を使って、ご希望の車種や用途などを聞きます。それに加えて、お客様が現在乗っている車種や家族構成などの情報をもとに、こちらからお勧めの車種をご提案しています。例えば週末にお子様連れで荷物をたくさん載せている方には排気量が多めのクルマを勧めたり、年配の方であれば街乗りに適した運転しやすいコンパクトな車種を勧めたりします。また同じような車種で迷われている方には、メンテナンスのしやすい人気車種を勧めることもありますね。人気車種ですと買った後 もパーツが取り寄せ易いなど維持が楽なんです。」(塚澤さん)

その提案の際に、オークション画面が使われるんですね。様々な地域から多数の中古車がオークションには出品されています。SSのスタッフがその中からピックアップしてくれるというわけです。

「ご希望のクルマが見つかったら、たとえ遠方であってもそのクルマが売り出されている地域のコスモ石油スタッフが現車を確認します。これは全国展開しているSSだからこそ可能なサービスですね。車両の内外装やエンジンの状態、車内のニオイなど、スタッフがお客様の目となり、手となり、鼻となって、念入りにクルマをチェックします。もちろん、この時点で気になる箇所があればお伝えしますし、クルマの状態が悪い場合は、別の車両を探すことをお勧めしています」(蟻川さん)

そして、最後は購入者自身が現車を確認して契約完了。
さらにホイールの変更などのカスタマイズを希望する際は、すべてSSに対応してもらったほうが良さそうです。

「SSでカスタマイズすれば、車両価格に含めることができます。つまりカスタマイズ分の価格にも自動車のローンが適用されるということ。カスタマイズをカー用品店などで行う場合にローンで支払うとなると、ショッピングローンが適用されますが、これだと自動車ローンよりも金利が高いんです。手間を省いて、お得に済ませたいなら、SSに全てお任せいただきたいですね」

中古車をインターネットなどで調べていると、欲しい車が住んでいる地域からかなり離れた場所にあったりしますよね。個人だと、遠くに行って確認するわけにもいかないし、かといってネットの情報だけから購入を決断するのもなかなか難しい…、いざ買うとなっても、手続きが大変だったりもする…。日頃から通っている行きつけのSSのスタッフがクルマ探しのアドバイスをしてくれるのは確かに安心ですね。何か不安なことがあってもすぐ近くにいるわけですし。彼らを仲間だと思って、彼らに頼れば、そんなことも無くなるということですね。これってつまり、大満足なクルマを手に入れる可能性がかなり高まるということですよね。

それにしても、クルマのメンテナンスだけではなく、クルマそのものが買えるなんて、SSっていろいろできるんだなぁ…、と思っていたら、塚澤さんが「買うだけじゃなくリースもありますし、クルマを売って頂くこともできますし」と一言。そんなこともできるんですか! ということで、次回はSSでできる車両のリースとクルマの売却のお話をお送りします。

ー本日のまとめー カーライフ調査にも仲間が必要だけど、クルマ探しにも仲間のチカラが大切なんだな。

この記事を情報提供してくれた方はこの人!

コスモ石油販売株式会社 北関東カンパニー SS部 カーライフ担当次長 蟻川秀明さん コスモ石油販売株式会社 北関東カンパニー セルフ玉村 店長兼エリア長 塚澤昭人さん

コスモ石油販売株式会社
北関東カンパニー SS部
カーライフ担当次長 蟻川秀明さん(写真左)

コスモ石油販売株式会社
北関東カンパニー セルフ玉村
店長兼エリア長 塚澤昭人さん(写真右)

塚澤さんの担当SSは、車両の販売実績が3年連続でナンバーワン(コスモ石油販売の直営SS全582店舗中)だそうです。

コスモ石油販売株式会社 北関東カンパニー
カーオークションの紹介コーナーはコチラ!

http://www.cos-n-kanto.com/auction.html

バックナンバー

カーライフ調査団TOPへ
ページの先頭へ