コスモ石油の環境への取り組み

石油会社の環境への影響はどのようなものがあるのですか?

石油の採掘から輸送、製品の製造、そしてSSでの販売に至る事業の様々な段階で、環境に様々な影響を与える物質を排出しています。例えばCO2は地球温暖化、SOxは酸性雨、NOxや煤塵は大気汚染などの影響を地球環境に与えています。

なぜコスモ石油は環境に取り組んでいるのですか?

石油は燃料や素材として人類にさまざまな恩恵をもたらしてきましたが、その一方で、石油の大量消費が地球環境に大きな負担を強いてきました。石油エネルギーを主に扱うコスモ石油グループは、この事実を忘れずに、持続可能な社会の実現に向けて、今の我々の生活を支える石油を安定的に供給すること、そして、環境に真摯に取り組むことが使命であり、それらが社会に対する責任であると考えているからです。
つまり、当社が考える「環境に取り組む」こととは、これまで地球環境に与えてきた負荷によって生じている環境劣化の修復に取り組むこと、そしてこれからの地球への環境負荷を和らげ、持続可能な社会の実現に尽力することです。

コスモ石油はどのような環境対応をしていますか?

次のような切り口から取り組んでいます。
<事業活動による環境負荷の低減>
足もとの事業活動から生じる環境負荷を低減する活動、省エネや省資源、環境負荷物質の排出削減など
<環境対応技術・製品の開発>
将来を見据えた環境対応技術や、低硫黄製品の開発など
<新エネルギーの開発>
エネルギーのベストミックスを考え、天然ガスや風力など、総合エネルギー事業を目指す取り組み
<環境保全活動の推進>
お客様やNPO・NGO、行政等とともに取り組む環境貢献活動、コスモ・ザ・カード「エコ」を通した国内外の環境保全など
<コミュニケーション>
広告やキャンペーンなど、コミュニケーションツールを生かして環境問題の現状を世の中に伝える活動
詳しくはコーポレートレポートをご覧下さい。

なぜコマーシャルや新聞広告で環境問題を取り上げているのですか?

温暖化や生物多様性の減退などの地球環境問題は、さまざまな国の社会・産業構造や、個々人のライフスタイルが複雑に絡み合って起こっています。ですから、「ずっと暮らせる地球」を実現するためには、様々な立場にある私たちひとりひとりが環境問題を意識して、少しずつでも行動することが大切です。
そのための第一歩は、今、地球が抱える問題に気づくことだと私たちは考えます。
「企業」は多くの人にメッセージを伝えるコミュニケーションツール(コマーシャルや新聞広告など)を持っています。
私たちはこのコミュニケーションツールを使って環境問題を発信して行くことが、いろいろなコミュニケーションの機会を持っている企業にできる最大の環境貢献かもしれない。。。と考え、積極的にコマーシャルなどで環境問題を取り上げています。

「環境報告書」など、環境への取り組みが分かるものはありますか?

コスモ石油グループでは、環境報告書等を2001年から、さらに2004年からは環境への取り組みを中心に、持続可能な社会に向けた企業としての取り組みを纏めた「サステナビリティーレポート」を発行しています。
<発行物一覧>
・サステナビリティーレポート(2004〜)
・環境報告書(2001〜2003)
・グリーンレポート(2001〜)
・「ずっと地球で暮らそう。」(2003〜)
※コスモ・ザ・カード「エコ」を通して行なっている環境貢献活動のレポート
発行物に関して詳しくはこちら

その他のご質問があればお気軽にお問い合わせください

お問い合せ

ページの先頭へ