開放的で自由な空間で、誰もが気軽に現代アートと触れ合える

1.金沢21世紀美術館かなざわ21せいきびじゅつかん/石川県

ガラス壁に囲まれた円形の外観。1階フロアに展示室が広がっている/撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館 ガラス壁に囲まれた円形の外観。1階フロアに展示室が広がっている/撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館

街を散策するかのように作品と対話できる

平成16年(2004)、金沢市中心部、兼六園にほど近い場所に開設された、現代アート美術館、誰もが気軽に立ち寄りやすく、新たな出会いの場となる「まちに開かれた美術館」をテーマに作られました。設計を担当した「SANAA(妹島和世、西沢立衛)」は、世界的な美術館建築を多く手がけているため、建築物としても見ごたえのある美術館といえるでしょう。
円形と総ガラス張りの建物は特に正面が決まっておらず、多方向から入場することができ、無料の交流スペースの内側に有料の展示スペースが設けられる造り。外壁も建物内の壁にも透明ガラスが多用されているため、公園や道路を見晴らすことができる開放的な空間です。建物の周囲は芝生庭園に囲まれ、ここにも作品が点在します。展示室をはじめとした主な施設は1階フロアに広がるように配され、室内にいながらにまるで街なかを散策するかような気分で、アート鑑賞ができるのも魅力です。
レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」2004年(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館 レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」2004年(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館
形状の異なる14の展示室のうちのいくつかで、複数の企画展が同時開催されるほか、10点の恒久展示作品が点在。恒久展示作品のなかでも光庭に配された「スイミング・プール」は、子どもから大人まで幅広い人気を集める作品。プールの上から見下ろすと深く水で満たされているように見え、その中に人の姿が。その水面を境にして、地上と地下で人と人との出会いが生まれます。また「アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3」は、建物を囲む芝生に12個のチューバ状に開いた筒状の作品。2個ずつが地中で繋がってペアになり、思わぬ所へ声が繋がる楽しさを秘めています。パイプとメッシュで造られた「ラッピング」は子どもが内部に入って遊ぶことも。作品を通して人と人との交流が生まれる、夢のある作品が多く展示されています。
フロリアン・クラール「アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3」2004年(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館 フロリアン・クラール「アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3」2004年(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館
LAR/フェルナンド・ロメロ「ラッピング」2005年(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館 LAR/フェルナンド・ロメロ「ラッピング」2005年(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館

多彩なニーズに応える付帯施設もいろいろ

施設内にはミュージアムショップとカフェレストラン、アートライブラリーがあり、無料で入場できます。カフェレストラン“Fusion21”は営業時間が20時までと、ランチはもちろんディナーも楽しめるのも画期的。ランチには前菜ビュッフェが付き、加賀野菜を含む地元野菜をたっぷり摂ることができるので、女性客に好評です。ディナーのメインには能登牛や近江町市場直送の鮮魚が登場したりと、食通をも満足させる内容。フェンスに囲われた公園を思わせる2カ所のミュージアムショップでは、オリジナルグッズや展覧会カタログのほか、金沢の伝統工芸品やアート雑貨などを扱っています。またキッズルームや託児室(有料)が用意されているのも、小さな子連れのママには心強いです。
上/ヤン・ファーブル「雲を測る男」1999年 ©Angelos bvba 右/パトリック・ブラン《緑の橋》2004年 ©Patrick BLANC(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館 上/ヤン・ファーブル「雲を測る男」1999年 ©Angelos bvba 右/パトリック・ブラン《緑の橋》2004年 ©Patrick BLANC(金沢21世紀美術館蔵)撮影:渡邉修 ※写真提供:金沢21世紀美術館

SPOT DATA


【金沢21世紀美術館】

  • 住所:石川県金沢市広坂1-2-1
  • 電話番号:076-220-2800
  • 開館時間:展覧会ゾーン:10:00〜18:00(金・土曜は〜20:00)、交流ゾーン:9:00〜22:00※入館は閉館30分前まで。各施設の開室時間は異なる。
  • 休館日:展覧会ゾーン:月曜(休日の場合は翌平日)、年末年始 交流ゾーン:年末年始※各施設の休室日は展覧会ゾーンに準じる。
  • 入館料:入館無料。展覧会ゾーンへの入場は有料(企画展により異なる)
  • 交通:北陸自動車道金沢西・金沢東ICから約20分
自由に入場できるアートライブラリーもあり、現代美術を中心に建築・ファッション・デザイン・写真・映画などの資料を閲覧することも。
トラベルライター  塩田典子

MENUへ戻る